消費者金融の審査:融資基準・即日をお考えの方に

消費者金融 審査

消費者金融の審査

消費者金融の審査
審査の内容毎にみるオススメの消費者金融
カードローンを利用しようと思ったときに、障害となり得るのが「審査」です。

仕事に就いていないから、年収が少ないから、すでに消費者金融でカードローンを利用しているから、昔返済できなかった経験があるから…だから審査に通るのか心配だ、という方は大勢いらっしゃいます。

ですが消費者金融と一言であらわしても、その審査基準はまちまちであることが多いものです。

そこで心配がある方にも分かりやすいように、当サイトは消費者金融の審査についてまとめています。

これをご覧いただければ、きっとあなたでも審査に楽々通過できる消費者金融がみつかることでしょう。

正直なところ、審査に時間がかかるところは避けたいという方もいらっしゃるはずです。また複数の審査に同時に申し込んでしまうと、通り難くなるというのが現実です。だからこそ、合理的に、無駄足をふむことなく、申し込み先を吟味する必要があるのです。

多少の不安材料があり、それでもこれから申し込みたい…というのであれば、当サイトではこちらのキャッシング・カードローンをおすすめします。

まず見ておきたいサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お金を借りるなら
賢くお金を借りる方法を紹介します。

おすすめの消費者金融:限度額・審査

モビット 消費者金融

モビット

モビット 審査
年利:4.8%~18.0% 限度額:1万円~500万円
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)
モビット公式サイトへ

プロミス 消費者金融

プロミス

プロミス 審査
年利:4.5%~17.8% 限度額:1万円~500万円
即日融資:平日14:00時までにWEB契約完了で当日振込
*14時過ぎても、ネットで申し込んで審査通過後、自動契約機から借りられます。
プロミス公式サイトへ

アイフル

アイフル

アイフル 審査
年利:4.7%~18.0% 限度額:1万円~500万円
即日融資:平日14:00時まで
アイフル公式サイトへ

消費者金融の審査とその内容

消費者金融の審査とその内容について
消費者金融からお金を借りる際には、必ず審査というものにパスしなければなりません。

銀行の審査よりもはるかに簡単で時間がかからないのが消費者金融の特徴でもあります。

信用情報

さて、気になる審査の内容ですが、主に信用情報をチェックしています。

信用情報には、借り入れを希望する人がブラックリストに乗っているか否かをひと目でチェックできるようになっており、即日審査の場合でもこの信用情報の内容を見て融資を行うかどうかが決定されるのです。

回収不可能なブラックリスト

消費者金融というのは、融資条件は緩いとはいえ、やはり回収不可能なブラックリストに乗っているような人に対しては融資を行いたくないのが本当のところです。

条件はゆるく設定してより多くの人に融資を行うことを業務としているものの、ブラックリストに登録されているような人や、多重債務者に対してはねのけられるような最低限度の審査を行ってお断りをしている状況です。消費者金融にも限度があるというものです。

消費者金融の審査とその条件

消費者金融の審査とその条件とは
消費者金融でカードローンの審査を受ける場合、どのような条件を満たしていれば通過することができるのでしょうか。

審査の細かい基準は、消費者金融ごとにそれぞれ違いますが、一般的には、安定した継続収入を得ていることや、同時に複数の金融機関へ融資の申し込みをしていないこと、また既に他の金融機関から多額の借り入れがないこと、そして過去に返済の遅延などの金融事故を起こしていないことなどを条件としている所が多いです。

消費者金融が融資を希望する全ての人にお金を貸すことができないのは、戻ってこない可能性があるからです。

貸し倒れのリスク

そこで、貸し倒れのリスクがある人を審査の段階で予め落とすことにより、リスクを低減しているのです。

消費者金融の場合は、銀行が経営母体のカードローンとは異なり、総量規制の影響を受けますので、この点にも注意しなければなりません。

また、審査では多くの場合在籍確認が行われます。この確認が正しくとれるかどうかも、審査においては重要です。

今すぐお金を借りる@即日キャッシングのコツ

公務員と消費者金融の審査

お金を借りる際には銀行や消費者金融に申し込んで審査を通過しなければなりません。

その審査では、利用者の経済力や信用性が当社基準に達しているかを見られます。

その際には年収や勤務先や雇用形態などを記載して個人情報を送付することになります。全ての項目が重要ですが、その中でも雇用形態や勤務先は非常に重要です。

これは収入をどれだけ安定して得続けることが出来るかを見られています。

雇用形態の中でも最も安定

得に公務員は雇用形態の中でも最も安定しているとされているので、一番有利となります。

消費者金融は銀行よりも審査基準が低いです。

公務員であればそれなりの年収もあり、その年収の安定を示すことにもなるので、消費者金融の審査では有利となります。

アルバイトから自営業や非正規雇用があり、その上に正社員と公務員があります。

これは経済力の審査では有利というだけであって、信用性が無い場合は通過できないこともあります。過去に滞納をしている場合は注意が必要です。
消費者金融 申し込み

即日に消費者金融の審査って

即日に消費者金融の審査って通過することは可能?

消費者金融は、即日で審査を終えてお金を受け取ることが可能です。

最速なら1時間や30分

最速なら1時間や30分といった消費者金融もあり、5分で完了することもあります。

ここまで短時間で審査が終わると、申し込みをしても即日でお金を受け取ることは可能でしょう。

しかし消費者金融で即日融資を受けるためには、注意点もあります。

まず消費者金融の営業時間外に申し込むと、即日融資でも審査に時間がかかることはあります。

繁忙期

申込者が殺到する繁忙期にも時間がかかることはあり、また申し込み方法によっても審査が遅れてしまう場合もあります。

消費者金融が広告やCMで宣伝している時間は、あくまでも最短の時間です。

申し込みをしたときの時間や状況によっては、最短時間で審査が終わらないこともあると考えておきましょう。

確実なのは、朝です。

消費者金融の営業が開始する朝一番に申し込みをすると、比較的短時間で審査は終わり、即日で融資をしてもらうことができるでしょう。

消費者金融 審査

無職の消費者金融の審査

無職でも消費者金融の審査って通る事は可能?

病気や冠婚葬祭などで、急にまとまったお金が必要になることはよくあります。

いざという時のために、貯金をしっかりしていればいいですが、ぎりぎりで生活していると、なかなか難しいです。

他人からお金を借りることがイヤだという場合は、消費者金融などからキャッシングするのがいいでしょう。

消費者金融などからキャッシングに申しこめるのは、誰でもできるわけではなく、安定した収入があることが条件となります。

主婦や学生

主婦や学生でも、安定した収入があれば申しこめます。

キャッシング申し込みには審査がありますが、無職でも審査に通ることは可能です。

専業主婦

専業主婦などの無職の人は、安定した収入がないですが、配偶者に安定した収入があればキャッシングできます。

その場合、配偶者の同意所と収入証明書が必要になります。

ただ消費者金融では、総量規制の関係で無職の専業主婦には貸さないこともあるので気をつけてください。

他にも無職でも年金をもらっていれば、消費者金融などの審査に通ります。

その場合、年金の他に安定した収入があることが条件の所もあるので、気をつけてください。

消費者金融 審査

年収が安定している職と消費者金融の審査

カードローンやキャッシングを利用したいと考えた場合、銀行や消費者金融で審査を受ける事になります。

一般的に銀行よりも消費者金融の方が審査が甘いとされていますが、誰でも簡単に通るかといえばそうではありません。

通る為には、年収など、消費者金融が設定している一定の基準をクリアしている事が大切になってきます。

一定以上の年収

審査の際、一定の基準以上の年収がある事だけでなく、その収入が安定しているかどうかも重要になってきます。

基準以上の年収があっても、安定をしていなければ、低い限度額になってしまう可能性があり、逆に、安定した収入がある人の場合は、高めの限度額となる可能性が高くなります。

ですから、借り入れ自体は可能であっても、年収が安定しているかしていないかで限度額に差が出てくる等、違いが生まれる事があります。
消費者金融の審査に申し込んだけれど、希望する限度額にならなかった場合は、年収の安定が関係している可能性があります。

消費者金融の審査@融資基準・即日をお考えの方に